FC2ブログ

マイホーム購入までのどきどき

物件見学を終え、自宅に帰ってから夫と話し合いを重ねました。
買うとするなら最初に訪問したノルマンディー風の家がいい、これは二人とも同じ意見。
ただ、わたしたちはもう若くないうえ、2時間半かかる距離を通いながら、
しかも(わたしの仕事柄)毎週は通えないのに、この傷みの酷い家を住める状態にできるのか、
また法改正により下水設備を一から作り直さなければならず
土質によってはかなりお金がかかるし自分たちでその工事ができるのか?
などなど、この物件を購入することは正しいことなのか、将来後悔しないかということを
中心に話し合いました。

一抹の不安は少しあるものの、やはりあの家からみえる風景を思い出したら
諦めることは出来ません。
それにこれを逃したら次に気に入る物件に巡り合える機会があるとも思えませんでした。

幸いなことに家を見学させてくれたお隣に住むムッシュー(この家の所有者です)もわたしたちに
ぜひ住んで欲しい(気に入られちゃいました・笑)とかなり値下げした金額を提示してくれたので、
これは買うしかないでしょ!(」゚ω゚)」


というわけで管理不動産会社に書類一式を提出したのです・・・が・・・


ここでまた不安にさせる事実が判明!
この物件の売主はお隣に住むムッシューだけじゃなかったということ。
実はこの家、以前はムッシューのお母さんが暮らしてらしたのです。
その方がお亡くなりになり、しばらくはそのままにしていたのですが、
家というものは住まないと朽ち果てていくだけです。
それで売りにだされたのだと、つまり彼らの遺産相続対象だったというわけです。


で。その遺産相続人の数、なんと23人‼(゚д゚)
夫はそれを知った時点で諦めモード。
「23人のサインをもらわないといけないんだよ!絶対売るのに納得しないひとがいるだろうし、
もし全部のサインがもらえたとしても時間がかかるに違いない!下手したら1年以上かかるかも
しれない!諦めたほうがいい!」
確かにここはフランス、十分あり得る。実際、家の購入で4人分のサインをもらうのに2年位かかった知り合いがいるので、23人なんて・・・泣
とりあえず1~2か月は期待しないで返事を待ってみようということになりました。
この時2016年2月頃。

期待しないように、でもちょっと期待して待っていると、不動産会社から「もうサイン、20人くらい
集まりましたよ~」と連絡が3月初めに入ってビックリ!
喜ばしいことのはずなのに、なんか期待を裏切られたというか、
こんなのフランスじゃない!というか・笑 まぁ、今だから言えることですね。
でも残りの数人が曲者かもしれない、油断は禁物だと夫とはなしていたのですが、
3月末ついに23人のサインがもらえ(奇跡!)、4月末ノテールにて売買契約成立。
わたしたちは晴れてプロプリエテールになりました・祝\(^o^)/

2018 01 25

喜んで写真を撮りまくるわたし




スポンサーサイト

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

わぁ〜♡ おめでとうございます。
念願叶ってよかったですね。
我が家も、家主が亡くなられて5年空き家。
相続人が8人でした。すごっ!って思ってたけど、23人とは!
大家族だったんですね。幸せな方だわ…。

それにしても、素敵な景色。
みるりるさんとご主人がここに惚れた気持ちがわかります。

Re: No title

コメントありがとうございます。

ココさんのお宅も5年も放置されてたんですね。
ココさんたちに綺麗にお手入れしてもらって、おうちも喜んでいることでしょう。
日本でもフランスでも廃屋になっちゃってるおうち、結構みかけますよね。
ほんとうにもったいないと思います。
プロフィール

みるりる

Author:みるりる
こんにちは、みるりるです。
古~いメゾン・ノルマンドのリノベーション記録です。
いつになったら完成できるのかなぁ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Bienvenue