FC2ブログ

2016年~2017年 冬から春へ

前回の小屋の解体と同時進行で2本の樅の木を伐採しました。

2018 02 06 - 01

結構立派な木だったので、切るのはもったいないような気もしましたが、浴室建て増しのためにはやむを得ず。


さて、この作業をするにあたっては、お隣さんジャッキーの協力なくしては成しえませんでした。
ジャッキーは悠悠自適の定年後の生活を送っていますが、木こりそして猟師としては今でもバリバリの現役。

2018 02 06 - 02

まずチェーンソーで幹だけ残して伐採してもらいました。

2018 02 06 - 04

そして、チェーンを残った幹に巻きつけて

2018 02 06 - 05

トラクターでエイヤッ↑(/>_<)/!!!いとも簡単に大きな木の根っこを引っこ抜いてしまいました。その馬力にビックリ!(゚д゚)

2018 02 06 - 07

2本目もこの通り。

2018 02 06 - 09

ジャッキーのお蔭で無事ミッション完了( ̄^ ̄)ゞ。ここに浴室を建て増しする予定です。いつになるかは未定。


2018 02 06 - 08

庭の反対側に残っていた木の根っこも引っこ抜いてもらいました。


その結果
2018 02 06 - 03

見晴らしが素晴らしく良くなり大満足。


家を購入してからここまでですでに1年経っていました。早!((((;゚Д゚)))))))
次はいよいよシャレーの組み立てに入ります。

スポンサーサイト

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

2016年冬 - 大掃除

シャレー建設を中断していた冬の間はひたすら庭と屋根裏の大掃除に費やしました。


屋根裏は本当に酷い状態で出てくる出てくるゴミのやま!
壊れたテレビ、埃まみれのソファーやマットレス、古い雑誌類などなど
また屋根裏で保存していたのか麦わらやエシャロットの皮、干からびたトウモロコシが転がっていました・・・

「これを全部片づけねばならぬのか~ ((((;゚Д゚)))))))」(実際は夫がほとんどひとりでやってくれたんですけどね (//>ω<) )

2018 02 02 - 01

階段上が崩れ落ちないようEtaiで補強し、階段下に投げ捨てていきます。 (o゚□゚)o≪≪≪エイヤアァァァァァァッ!!

2018 02 02 - 02

2018 02 02 - 03

Remorqueにゴミを詰め込んでDechetterieへGO。何往復したことでしょう。

そんな夫の努力の甲斐があり、すっかり綺麗になりました。
大掃除後
2018 02 02 - 04

真ん中にある柱裏のレンガは暖炉の煙突部分です。
将来は屋根裏に主寝室を作る予定で、冬はこの煙突が部屋を暖めてくれることでしょう。(いつのことやら)


続いて行ったのはふたつある小屋のうち、木造小屋の方の解体です。

2018 02 02 - 05

木とトタン、土壁でできていたので解体は難しくなかったのですが、ここもゴミがすごくて(特に地中)その撤去がたいへんでした。

2018 02 02 - 06

2018 02 02 - 08

わたしは柱から出ているくぎ抜き担当。

2018 02 02 - 07
2018 02 02 - 10

家の前の道路側からはこんな感じ。
実はここから大量の豆炭が発掘され、掃除そっちのけで豆炭探しに夢中なわたし (ノ∇≦*)

2018 02 02 - 11

フェンスを設置してとりあえず完成。
現在はフェンスだけなので、道路側から庭がまるみえなんですが、ゆくゆくはここに浴室を増設する予定で、完成後には庭が隠れます。

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

2016年秋から冬にかけて - 引っ越しと帰省

夏休みにシャレーの基礎までこぎつけることができたのですが、
ここで一旦シャレーを建てる作業は中断。なぜかというと・・・


家作りのためには何事も節約節約。何が一番節約できるか考えたとき
まず思いついたのがアパートの家賃でした。

当時住んでいたアパートは2つの寝室にサロン、キッチン、浴室にガレージ付き。
町の雰囲気も好きでしたし、近くに住む大家さんを始めご近所さんとの関係も良好だったので
離れるのは寂しかったのですが、より小さいアパートに越すことで月200€、年で1200€も節約できるため引っ越すことを決めました。

2016年10月に引っ越した今のアパートは1寝室にリビングダイニングキッチン、
Salle de douche(シャワーのみ)ですが、収納を工夫することで快適に過ごせています。
思えば前のアパートのふたつめの寝室は物置になっていたし、無駄だったなと今は思います。

ただね、食費はなかなか節約できないんですよね。賢い主婦じゃないんです (。-_-。)



そして引っ越し荷物も全て開け切らないまま、11月に日本に3週間の帰省。
日本でもホームセンターに行って役に立ちそうな道具を仕入れたりして( ^ω^)・・・

そうそう、日本でいつも大量に買って帰るのが軍手!
フランスにはないみたいで、義弟もお隣さんも一度軍手を使わせてあげると
「これいいね~(* ´ ▽ ` *)」って気に入っちゃうんですよね。それで1パック全部差し上げて。
4月に帰省するのですが、今度もスーツケースには大量の軍手が収まる予定です。


テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

2016年夏休み

家を買ってから初めての夏休み。
仮の住み家シャレー(と我々は呼んでいる・笑)の土台作りを続けました。

2018 01 31 - 01

セメントの量を節約するため、庭を掃除中に集めた石やレンガ、セメントブロックなど敷き詰めていきます。

この家を買って驚いたのは、とにかく色んなものが庭の地中から出てくるんですよね。
前述したレンガの類のほか、ワイン瓶とか鉄くずとか、もうゴミの数々・・・
あっ、ラッキーだったのは豆炭がいっぱい掘り起こされました。
「ここは炭鉱だったのか~(嘘です)」

2018 01 31 - 02

敷き詰めた後、補強のためのメッシュを置いて

2018 01 31 - 03

セメントミキサー登場。
セメントを流しいれて、写真にはありませんがアルミの長い定規で均していきます。

2018 01 31 - 06


ミキサーでセメントを流せなかった部分は手作業で。

完成図

2018 01 31 - 05

この後シャレー完成にはまだまだ時間を費やします・・・

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

仮の住み家を作る

うー、風邪をひいてしまいました( ノД`) この冬、2回目。
以前はあまり風邪ひいたりしなかったのになぁ。年のせい?┐(´-`)┌



家を工事を始めるにあたり、仮の住み家をAbri de Jardinを利用して建てることになりました。
家で寝泊まりしながら工事をする方法もあったのですが、そんなに大きな家ではないので
どうしても埃っぽくなり湿気もあるので住むのは無理。
あとはキャラバンを庭に置くか、Abri de jardinを建てるかの選択になったのですが、
キャラバンはすぐに家の工事に取り掛かれるのが利点ですが、庭の外観が損なわれる。
Abri de jardinは建てるのに時間がかかり、肝心の家の工事が遅れるが、
後々ゲストハウスとして使える。
話し合った結果、Abri de jardinを建てることになりました。



アパートのガレージにAbri de jardinのキットを配送してもらい、そこで予め防虫剤や防水の塗装をしておきました。

家のほうには土台作りのための資材を配送してもらいました。

2018 01 30 - 01


埃や湿気がいやで仮の住み家を作ることにしたわけですが、それでもそれが完成するまでは
家で寝泊まりするしかありません。

2018 01 30 - 02

シーツに覆われているのが寝具です。夜はこれを広げて寝ました。
その手前にあるのはセメント袋・・・セメント袋と寝るなんて・・・( ノД`)

2018 01 30 - 06

土台作り開始

2018 01 30 - 07

休憩時。定番BBQです。

2018 01 30 - 04






テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

プロフィール

みるりる

Author:みるりる
こんにちは、みるりるです。
古~いメゾン・ノルマンドのリノベーション記録です。
いつになったら完成できるのかなぁ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Bienvenue